河月堂  幸せのもち運び候


--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




2014年08月05日

お盆についてのお話です。

正しくは「盂蘭盆会(うらぼんえ)」のことで、略してお盆といいます。 
盂蘭盆とは、サンスクリット語の"ウラバンナ"を音訳したもので、
「地獄や餓鬼道に落ちて、逆さづりにされ苦しんでいる」という意味で、
そのために供養を営むのが、盂蘭盆会なのです。 
釈尊の弟子の一人、目連尊者という人が、神通力で亡き母の姿を見たところ、
母親は、餓鬼道に落ちて苦しんでいました。 何とかして救いたいと、
釈尊に尋ねると、
「七月十五日に、過去七世の亡き先祖や父母たちのために、
御馳走を作り、
僧侶たちに与え、その飲食をもって、供養するように」と教えてくれました。
教えの通りにすると、目連の母親は餓鬼道の苦をのがれ、
無事成仏することができたそうです。 
この故事が、盂蘭盆会の始まりといわれています。 
お盆(盂蘭盆会)は、先祖や亡くなった人たちが苦しむことなく、
成仏してくれるようにと、私たち子孫が、
報恩の供養をする時なのですね。
     お盆の期間についてです。

 お盆の日にちは地方によって異なります。

東京など都市部では7月13日~16日(4日間)に行うことがおおいようです。

地方では
 

8月13日~16日(4日間)
8月13日~15日(3日間)
旧暦の7月13日~16日(4日間)とするところもあるみたいです。

  新 盆、初 盆について
  四十九日の忌明け後、最初に迎えるお盆を「新盆(にいぼん)」もしくは、
「初盆(はつぼん)」と呼びます。もし、四十九日前にお盆を迎えた場合は、
 その年の新盆の行事は行いません。

8月13日夜に迎え火をして祖霊を迎えます。(御供え餅、お迎え団子、落雁、はくせん粉など)
8月14日:
仏壇にお供え物をして迎え入れた祖霊の供養をします(おはぎなど)
8月15日:同上もしくは、送り団子、御供え餅、白むし(これは帰る祖霊のお弁当を意味しますを供えて送りだします。    
8月16日:精霊送りの送り火をして送り出します。

精霊馬(しょうりょううま)=キュウリとナスのお話です。
(キュウリとナスビに割り箸を刺して馬と牛に見立てたもの)

キュウリは馬の例えです。→ お盆のときに、少しでも早く迎えられるようにとの願いを表現して います
ナスは牛を表現しています。→お盆が終わって、帰るときはのんびりとだそうです

また、他の説では、
「精霊がキュウリの馬に乗り、牛には荷物を乗せて楽に帰れるように」という意味がこめられている説もあるそうです。

26お盆にはご霊前に

スポンサーサイト







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。