河月堂  幸せのもち運び候


--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




2008年09月19日

9月20はお彼岸の入りです。「おはぎ」と「ぼたもち」のお話です。

9月20日(土)はお彼岸の入りです。
9月23(火)はお彼岸の中日です。
9月26日(金)はお彼岸明けです。

ph_01.jpgおはぎとぼたもちの本当の違いはなんでしょうか?
実は、おはぎとぼたもちは基本的に同じもので、違うのは食べる時期だけなのです。

では、ぼたもちとおはぎをこの様に書くとどうでしょう 。「牡丹餅」「お萩」になります。



ぼたもちは、牡丹の季節、春のお彼岸に食べるものの事で、あずきの粒をその季節に咲く牡丹に見立てたものなのです。一方、おはぎは、萩の季節、秋のお彼岸に食べるものの事で、あずきの粒をその季節に咲く萩に見立てたものなのです。牡丹餅がぼたもちになり、萩を丁寧に言っておはぎになったというのが、最も一般的な説のようです。
本来なら春はぼたもち、秋はおはぎと春秋使い分けないといけないのですが、今は年中おはぎで通すお店が圧倒的に多いようです。当店も「おはぎ」で、統一させていただいています。

ph_05.jpgおはぎとぼたもちの歴史しかしなぜお彼岸におはぎをいただくようになったのでしょうか?これは江戸時代にさかのぼります。この時代に、お彼岸や四十九日の忌明けに食べる風習が定着したようです。あずきの赤色には、災難が身に降りかからないようにするおまじないの効果があると信じられていて、古くから邪気を払う食べ物としての信仰が、先祖の供養と結びついたと言われています。

又、別の説では、「暑さも寒さも彼岸まで」と言われるように、春の彼岸は農作業が始まる時期で、秋の彼岸は収穫の時期にあたります。よって、春には収穫をもたらす山の神などを迎えるためぼたもちを、秋には収穫を感謝しておはぎを作ったとも言われています。

佐賀県産ひよく餅米の旨みと厳選した北海道十勝産小豆のアッサリした甘みを味わって下さい。
あんこ、きなこの2種類 1個 110円(税込)
*お彼岸期間中は粒餡、きな粉、青海苔の3種ご用意致しております。

ph_06.jpg

スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。