河月堂  幸せのもち運び候


--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




2009年05月31日

水無月のお話です。

水無月のお話です。
水無月
水無月の由来
6月のことを水無月といいます.主に京都では、
6月30日に水無月という和菓子を食べる習慣があります。それは氷室と呼ばれる貯蔵庫に保存しておいた氷を食べる「氷室の節句」が今に受継がれたものだそうです。当時、御所の公家衆は夏の暑い時期、氷を食べて無病息災を願ったそうです。医学の未発達の時代疫病が起こりやすい夏を乗り越えるのは大変だったようです。又、6月30日は京都上賀茂神社をはじめ周辺の神社でこれからの半年の無病息災を願う「夏越えの払い」の行事があります。
これらの由来から,水無月の形は氷の形を表し、上にのせた小豆は魔除けを意味しているそうです。
6月上旬のお菓子です。
花水木
21花水木(上旬)
本来はピンク色か白色の花ですが、少し緑をつけて入るのはまわりのはをイメージしています。






浮き草
ukikusa





*******
水色の練りきり餡と寒天で水をイメージしました。中は小豆の粒餡です。



スポンサーサイト

2009年05月24日

浜寺ローズカーニバルに行ってきました。

浜寺ローズカーニバルに行ってきました。
あいにくの曇り時々雨の天気でしたが、人も多くバラ園のバラがすごく綺麗でした。
写真は後日アップいたします。
6月の茶席菓子です
額紫陽花
がく紫陽花

ガクアジサイは別名ハマアジサイともいい、大型で葉は厚く光沢がある海浜性アジサイです。 従って、ヤマアジサイ、エゾアジサイなどと比べると、格段に乾燥に強く、性質は丈夫で、全国どこででも栽培されます。 ガクアジサイの「ガク」は周辺の大きな装飾花が中央の細かな両性花を取り囲んだ平たい花形を、額縁に見立てて江戸時代頃に付けられた和名だそうです。

撫子(なでしこ)
なでしこ

6月頃から8月頃にかけて開花します。
ピンク色の可憐な花。
縁がこまかく切れ込んでいる。 我が子を撫(な)でるようにかわいい花で あるところからこの名前になったそうです
早咲きと遅咲きがあり、よく見られるのは 「河原撫子(かわらなでしこ)」。
河原に生えるとも限らないがなぜか この名前ですね。
この撫子を代表とするダイアンサスの花には 英名で「ピンク pink」の名前があり、 「輝く目」の意味がある。
ピンクという色の語源はこの花にあるそうです
中国から平安時代に渡来した、
唐撫子(からなでしこ:石竹)に対して、 在来種を大和撫子(やまとなでしこ)と呼び、日本女性の美称によく使われるのはここからきてるんですね。
青梅
あおうめ

四片の花(紫陽花)
四片の花










尚、河月堂泉ヶ丘店HPにてわらび餅のお話アップしましたので、宜しければ見て下さい。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。