河月堂  幸せのもち運び候


--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




2008年12月07日

12月の茶席菓子です。

otibataki
落ち葉焚き


最近では、ほとんど見られなくなりましたね。
庭先などでの落ち葉焚き。
なんか考えさせられるものが
ありますね。




kimamori






木守り


来年もよく実るようにという祈りをこめて、わざと木に一つだけ残しておく果実です。  
 実がもがれた後の柿や蜜柑の木に、ポツンと一つだけ取り残されたように残る実があります。初冬の時期に葉が落ちて裸木に近くなってしまった柿の木  の高い梢にたった一つ、自分が柿の木であることを主張するようにたった一  つ熟した柿が残る風景を見たことはありませんか?  
果実の木の実を取り入れてしまわず、こうして一つだけのこす風習は昔から  あって、最後に残した実のことを木守りと呼びます。来年もまた沢山の実をつけてくれるようにと言う願いを込めた行事だそうです。

habotann
葉牡丹
冬の庭を彩る植物としてポピュラーなものです。品種改良によって、市場には様々な色合いのものが出回っていますね。



スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。